バルクオムを一番安く購入する

こちらをクリック

↓↓        ↓↓

7383

正しい洗顔の方法とは?肌を大切にする洗顔法!

顔を洗う、スキンケアを意識しはじめたらまずは今までの洗顔方法を見直した方が良いかもしれません。

 

今までの洗顔はどうでしたか?
石けんを手につけて、またはビオレなどを手にのせてすぐに顔を洗っていませんでしたか?

 

若い内はそのままでも特に問題はありません。
しかし、長く続けて行くと
肌のシミやしわ、乾燥肌などの原因になりやすい。

 

ここでは間違っている洗顔方法と正しい洗顔方法を紹介したいと思います。
また、洗顔した後のケアも重要。

 

脂性の人、乾燥肌の人どちらも洗顔後に何をやるかで肌の状態が
まったく変わってきます。
脂っぽくない肌、潤っている肌にするために
洗顔後のケアも合わせて紹介しますね。

 

これは間違い!やめた方がいい洗顔方法

顔,洗顔

よく顔を洗うときに石けんを付けて泡立てずにごしごしと顔を手でこするように洗顔している人がいます。
これはこすれば顔の汚れがしっかりと落ちると勘違いしてやってしまう方法です。

 

このような顔をごしごしと磨くような洗顔方法は実は間違いなんです。
顔を洗っているというより本当に磨いているということで顔の汚れだけではなく必要な皮脂までも落としてしまい顔がダメージを受けやすくなってしまうのです。

 

肌にダメージを与えると

  • シミができやすくなる
  • 肌がくすみやすくなる
  • しわができやすくなる
  • 肌がたるみやすくなる
  • 乾燥しやすくなる

 

本当に良いことがないんです。

 

人と接するときに一番最初にみられる顔を

 

毎日の洗顔で傷めてしまうのは非常に避けたいところです。
正しい洗顔方法で肌へのダメージを極力少なくして

 

清潔感のあるキメの整った肌を手に入れて下さい。

 

正しい洗顔方法ってどう言うものなのか?

正しい洗顔方法と言ってもそれほど難しいものではありません。

 

注意するところは

  1. 手のひらで直接肌をこすらないこと
  2. 長時間顔を洗わないこと

 

この2点に気をつけて洗顔をするのが良いのです。

 

それではもっと具体的に洗顔方法をみていきましょう。

 

 

水ではなくお湯を使う

使うのは水ではなくお湯。
夏場などは水で洗った方がすがすがしくて気持ちいいのですが
洗顔的にはNG。

 

お湯それもぬるま湯を使うのがベスト。

 

長時間顔を洗わないため
素早く汚れと不要な皮脂を溶かすためにはぬるま湯が必要

 

体温に近い32度から35度程度のぬるま湯で顔を洗うと汚れや皮脂が溶けやすいのです。
温度が良くわからないと言う場合は
お湯を出してちょっと水を足した感じでOKです。

 

お風呂のお湯のような感じだと熱すぎて肌の必要な皮脂まで落としてしまうので注意が必要です。

 

 

洗顔料・石けんは泡立てて使う

洗顔料や石けんはそのまま使うのではなく
必ず泡立てて使って下さい。

 

泡立てることにより
手での摩擦を防ぎますし、泡のため、洗顔料や石けんが肌へ当たる表面積が増えます
つまり、素早く汚れを落としやすくなるのです。

 

泡立てが苦手という人は100均などの泡立てネットなどを購入するのがお勧めです。
すぐに泡立てることができますよ。
無印良品でも200円から300円程度で泡立てネットを購入することができます。

 

また、洗顔フォームの中にはポンプ式で最初から泡だった洗顔料が出てくるものもあります
例えばメンズビオレ。
簡単に泡が作れるので非常に便利ですよ。

 

 

洗う順番は脂っぽい、たかるところから

ご紹介している洗顔は肌にやさしい洗顔方法ですが
やはり洗顔料などを使っているので多少は肌に刺激を与えてしまいます。
洗顔料はなるべく長時間顔につけておきたくないもの。

 

でも、しっかりと汚れは落としたい。
そのため洗う順番にも注意をして行きましょう。

 

洗う順番は
「自分の一番脂っぽいところから洗う」

 

多くの人はおでこやTゾーン(おでこから鼻筋にかけて)の部分が脂っぽいことが多いと思います。

 

ですから、泡立てた洗顔料をまずおでことTゾーンにつけて洗い
その後両頬、鼻下、首周り、耳裏などを洗っていきましょう。

 

耳裏には加齢臭や男臭の元となる臭いを出す器官があります。
洗顔をするときはしっかりと耳裏を洗うと臭い対策になります。

 

洗顔を終えたらしっかりと洗顔料を洗い流していきましょう。

 

これで洗顔はおしまいです。

 

手に平でゴシゴシと洗っていたときと洗い上がりの肌の状態が違っていると思います。
私自身、この洗い方にしてから、肌がきめ細かい感じで、洗ったのに潤っていると感じます。
オススメですので試してみて下さいね。

洗顔をした後にはしっかりと保水、保湿をして行きましょう

洗顔をした後の肌は実は水分が足りていない状態なんです。

 

顔をぬるま湯を使って洗っているのに何で肌が乾燥しているの?
と思われるかもしれませんが

 

表面は確かに水分が付いています
しかし、肌内部は水分が減っているのです。

 

肌は刺激を受けると水分が減ってしまいます。

 

洗顔料は顔を洗うために必要なものですが
やはり肌に刺激を与えてしまうのです。

 

ですから、肌の水分量を補う必要があります。

 

それが「化粧水」なんです。

 

洗顔の後に化粧水を肌へつけることによって肌の失った水分を補うことができるのです。

 

そして、化粧水をつけた後は
補った水分を肌から逃さないために「乳液」で肌にフタをしてあげます。

 

しっかりと潤いを閉じ込めるイメージですね。

 

 

肌への水分補給、蒸発を防ぐ理由

どうして、肌の水分を補給、蒸発を防ぐと良いのでしょうか?

 

それは「乾燥肌、脂性肌の対策」になるからなのです。
乾燥肌は肌内部の水分が少ないことで起こります。
脂性肌の人は実は乾燥肌であり、脂性肌。

 

肌が乾燥するから、これ以上肌を乾燥させないように脂を出して
肌からの水分の蒸発を防ごうとしているのです。

 

だから、洗顔後に化粧水、乳液をつけることで
肌へ潤いをキープさせ
乾燥肌、脂性肌対策をすることができるのです。

 

これで清潔で若いキメの整った肌を手に入れることができるのです。

バルクオム,楽天

バルクオムは楽天やAmazonで購入するよりも

断然公式サイトで購入した方がお得です。
メンズスキンケアの金字塔「バルクオム」を
手にして若い素肌を手に入れましょう!
⇒バルクオムを楽天やAmazonよりも安く購入するならこちらをクリック