バルクオムの副作用が気になります

バルクオム,副作用

今人気のバルクオム。
メンズスキンケアでは多くの媒体で人気No.1を取っています。

 

でも気になるのが副作用。
バルクオムを使っていて肌に異常は起きないかと言うことですね。
特に肌が弱い人は成分によって肌が荒れたりしてしまいます。

 

私も肌が弱く、肌に合わないものを使うと赤くなったり湿疹が出たりしてしまいます。

 

バルクオムを私は愛用していますが今のところ肌に異常は起きていません。

 

でも、流行肌につけるものです。
どのような成分が入っていて、毒性はあるのかないのかは気になる所。

 

スキンケア商品はどのような商品でも多少は毒性のある成分を使わないと商品が作れませんが
それが多いのか少ないのかはチェックしておく必要がありますね。

 

ここではバルクオムの成分をチェックして
毒性のある成分がどれくらいあるか、副作用の心配はあるのかを調べてみました。

 

 

バルクオムの洗顔料【THE FACE WASH】の成分と毒性をチェック

バルクオム,副作用

バルクムの洗顔料【THE FACE WASH】の成分

カリ含有石ケン素地、水、グリセリン、ソルビトール、BG、クレイミネラルズ、ベントナイト、リンゴ果実培養細胞エキス、温泉水、ユズ果実エキスチャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シルク、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、グリセリルグルコシド、トコフェロール、キサンタンガム、レシチン、水酸化Na、グリシン、エタノールフェノキシエタノール香料

 

この成分の中で毒性のあるものは

 

毒性低:BG、チャ葉エキス、レシチン、エタノール
毒性中:ユズ果実エキス、加水分解シルク、フェノキシエタノール、香料

 

多少毒性のあるものが含まれていますが他の低価格帯の洗顔料と比べると非常に毒性が低く
なんと言っても毒性の高い成分が入っていないと言うのが非常に好感が持てます。

 

他にもバルクオムの洗顔料は合成界面活性剤を使用していない「生石けん」というところも
副作用が起きにくい一つの要因になっていると思います。

バルクオムは生石鹸、合成界面活性剤は使っていません【だから副作用の心配も少ない!】

バルクオム,合成界面活性剤,不使用

バルクオムは安心?
バルクオムを使って肌荒れはしない?

 

もし、バルクオムに合成界面活性剤が使われていたら

 

自分の肌に使うものだから
肌への影響を気になります

 

特に敏感肌や乾燥肌ならなおのこと

 

合成界面活性剤を使っていると
肌への悪影響が心配

 

バルクオムは安心ですか?

 

安心してください
バルクオムには合成界面活性剤は使われていません。

 

バルクオムは生石鹸
肌に優しい洗顔料になっていますので
心配しないで使うことが出来ます

 

ココでは合成界面活性剤をバルクオムが使わない理由
合成界面活性剤がどうして肌に悪いのか

 

気になることをまとめてみました。

バルクオムはどうして合成界面活性剤を使わないの?

合成界面活性剤をバルクオムは使っていません。
どうして使わないのでしょうか?

 

それは肌に優しくないから
だから合成界面活性剤を使用していないんです。
でも、なんで合成界面活性剤は肌に優しくないのでしょうか?

 

 

合成界面活性剤とはどういうものなのか?

バルクオム,合成界面活性剤,不使用

合成界面活性剤とはいったいどう言うものなのでしょうか?

 

まずは界面活性剤というものがなんなのかを知らないといけません。

 

 

界面活性剤

普通では混じり合わないものを混じり合わせるように媒介するもの

 

例えば水は油と混じり合いません
界面活性剤は水と油を混じり合わせてくれるのです。

 

実は生石鹸と言われている石鹸も界面活性剤なんです

 

石鹸と合成界面活性剤の違い

石鹸と合成界面活性剤の違いはいったい何なのでしょうか?

 

それは
洗浄力

 

石鹸よりも合成界面活性剤の方が洗浄力が高いのです。

 

そのため
しっかりと汚れを落とすと言うことを売りにする
安い洗顔料には安価な合成界面活性剤を使用するのです。

 

 

合成界面活性剤を使うと危険!その理由

合成界面活性剤は洗浄力が高い
それなら良いことじゃないかと思われるかも知れません。

 

ただ汚れを落とすと言うことを考えると悪いことではないのですが
落としすぎると言うことは
肌を守るものまでも洗い流してしまうのです。

 

例えば皮脂。
皮脂は肌から水分が蒸発しないように肌を守っています。
出過ぎた皮脂は肌を傷めてしまうので洗い流した方がいいのですが
必要な皮脂は残しておかないと
肌が乾燥してしまうのです。

 

そして、もう一つ
肌に対して悪いことが・・・

 

肌は水分の層と油分の層で出来ています

水分の層は余計な油分が外から入ってこないように
油分の層は水分が外へ逃げないように
肌の中で肌を防御してくれています。

 

実はこの防御壁に合成界面活性剤が進入してくるのです。
皮膚を守っている皮脂を溶かし、
肌細胞の中に入り込み
水分の層と油分の層を界面活性化してしまいます
つまり、溶かしてしまうのです。

 

防御壁がなくなった肌細胞からは
水分が蒸発してしまう。

 

そのため
肌はためかさかさに乾燥してしまう。

 

また、外から異物が入り込まないようにしていた防御壁がなくなってしまったので
肌へ有害な成分が入り込みやすくなる。

 

安い洗顔料には肌に悪い成分も多く含んでいます。
合成界面活性剤で肌を傷め、そしてそこへ有害成分が入り込んでいく

 

このように肌への悪影響があるのです。

肌が弱いなら合成界面活性剤を使ってないものを

バルクオム,合成界面活性剤,不使用

肌が弱い
敏感肌や乾燥肌なら合成界面活性剤を使用すると
余計に肌を傷めてしまうことになります。

 

肌が弱ければ弱いほど
合成界面活性剤を使用していない洗顔料を使用する必要があるのです。

 

合成界面活性剤

ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、ラウリルスルホン酸ナトリウム、スルホン酸ナトリウム、パレス−3硫酸ナトリウム、キシレンスルホン酸ナトリウム、ステアリン酸グリセル(SE)、ドデシル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸アンモニウム、キシレンスルホン酸アンモニウム

これらの成分が配合されていない洗顔料を使用するのがいい。

 

バルクオムの洗顔料の成分は

バルクオムの洗顔料の成分は

カリ含有石けん素地、水、グリセリン、ソルビトール、BG、クレイミネラルズ、ベントナイト、リンゴ果実培養細胞エキス、温泉水、ユズ果実エキス、チャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シルク、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、グリセリルグルコシド、ナタネ脂、トコフェロール、キサンタンガム、レシチン、エタノール、フェノキシエタノール、香料

合成界面活性剤を使用していません。

バルクオムの洗浄力はクレイミネラルズとベントナイト

バルクオムは汚れはしっかりと落とし、
必要な皮脂は残す。

 

そういうバランスの取れた洗浄力を実現するために
クレイミネラルズとベントナイトを使用しています

バルクオム,合成界面活性剤,不使用

クレイミネラルズはオレイン酸を吸着する性質があります。

オレイン酸は肌に詰まっている皮脂に多く含まれています。
つまり、肌詰まりをしている古い皮脂を吸着して綺麗にしてくれるのです。
また、オレイン酸はニキビの原因にもなります。
ニキビ予防にも一役買っているのです。

 

ベントナイトは肌につけることで余計な皮脂を吸着する働きがあります。
そのため不要な皮脂はベントナイトが吸着してくれるのです。
合成界面活性剤とは違い汚れと水分を溶かして洗い流すのではなく
汚れを吸着するので肌への影響が少なくなります。
また、保湿力もあるため洗い上がりがみずみずしくなります。

 

 

 

バルクオムの化粧水【THE TONER】は副作用の少ない成分配合!

バルクオム,副作用

バルクオムの化粧水【THE TONER】の成分

水、BG、グリセリン、トレハロース、リンゴ果実培養細胞エキス、温泉水、ユズ果実エキスチャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シル ク、グリセリルグルコシド、1,2-ヘキサンジオール、キサンタンガム、レシチンPEG-60水添ヒマシ油、水酸化Na、グリシン、エタノールフェノキシエタノール香料

 

毒性低:BG、チャ葉エキス、1,2-ヘキサンジオール、レシチン、エタノール
毒性中:ユズ果実エキス、加水分解シルク、フェノキシエタノール、香料
毒性高:PEG-60水添ヒマシ油

 

バルクオムの化粧水は比較的毒性が低く安心して使える物になっています。

 

化粧水に含まれるPEG-60水添ヒマシ油が毒性が高いと出ていますがこれは食品にも使われるものなのでそれほど気にしなくてもいい成分です。
しかし、敏感肌やアトピーなどの肌に心配がある方はまずは少量で試してみると良いと思います。

 

 

バルクオムの乳液【THE LOTION】の副作用が起こるのか?毒性をチェック!安心して使えます

バルクオム,副作用

バルクオムの乳液【THE LOTION】の成分

水、グリセリン、スクワラン、エチルヘキサン酸セチル、イソステアリン酸ポリグリセリル-10BG、リンゴ果実培養細胞エキス、温泉水、ユズ果実エキスチャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シルク、クレイミネラルズ、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、グリセリルグルコシド、トコフェロール、ベヘニルアルコール、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、パルミチン酸セチル、ステアロイルグルタミン酸Na、キサンタンガム、レシチン、エタノール、水酸化K、水酸化Na、グリシン、カルボマー、フェノキシエタノール、香料

 

毒性低:BG、チャ葉エキス、レシチン
毒性中:ユズ果実エキス、加水分解シルク、フェノキシエタノール、香料
毒性高:イソステアリン酸ポリグリセリル-10、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、ステアロイルグルタミン酸Na

 

 

毒性の高い成分としてイソステアリン酸ポリグリセリル-10、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、ステアロイルグルタミン酸Naがあります。
これは乳液が肌の水分を逃さないため肌の水分と脂を分離させないようにする必要がります。
分離させないためには界面活性剤が必要になってきます。
界面活性剤はどれも毒性が強いと出てしまいますので乳液としては仕方がないこと。

 

 

ステアリン酸ポリグリセリル-10は、非イオン界面活性剤でイオン活性剤と違い肌に浸透しにくいため界面活性剤の中では刺激が少なく安全性が高いと考えられます。
イソステアリン酸ポリグリセリル-2は、実は試験結果や安全性データが見当たらずデータ不足です。そのため安全かどうかの判断がしにくい物になっています。

 

ステアロイルグルタミン酸Naは、皮膚刺激性がほとんどなく安全な成分と言えます。

 

バルクオムのスキンケアシリーズアー比較的安心、安全に作られています。

メンズスキンケアとして人気
話題のりんご幹細胞エキスを配合して男性の肌に合わせた
バルクオムシリーズ。
バルクオムを楽天で買うとどうなるのか
お得に買えるのはバルクオムの公式サイト
それとも楽天市場?
バルクオム,楽天